2005年09月28日

7名の自動車会社トップデザイナーの語る哲学と新しいトレンド 5Designchef Mercedes Daimler Chrysler AG Peter Pfeiffer 氏(61歳)

車のデザインは今日どの自動車会社にとっても決定的な品質および
特性を持っています。そこにおいて重要なことは独自のトレンド
を作り出すということです。この点においてメルセデスはある非常に
貴重な利点を持っています。すなわち私たちは根底において
私たちの過去のデザインの伝統をくずさなかったということです。
つまりメルセデスはいつの時代もメルセデスとして認知される
のです。 トレンドははっきりとより個別化の方向に進んでいます。
いつも更なるクロスオーバーなコンセプトが市場では求められる
ことでしょう。それはたえず変遷する社会にふさわしい、人生に
おける願いをかなえてくれる乗り物です。私たちのIAAのハイライト
は新しいSクラス、私たちのメルセデスを引っ張っていくメルセデスの
デザインに多かれ少なかれ適合したものです。すなわち、はっきりと
スポーツカー的なダイナミックをデザインした大変際立ったステー
タスのある車の登場です。

新しいSクラスですよ。(しつこくもう一回S600シリーズ)

HBPBAoJaO93_Pxgen_r_395xA.jpg


あと2人となりました。
残りはあとどこかなあ?
AとBから始まる バイエルン州の
車会社さんのデザイナーさんのお言葉ですよ。

1日1クリック良かったら…お願いします! 人気ブログランキング
posted by めぐめぐ at 05:05| フランクフルト ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 限定企画 めぐめぐのIAA出品車を勝手に批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして!『ドイツ留学』に惹かれて来てみました!私の友達も半年程度ですがドイツに武者修行しに行った奴がいます。彼はその半年間でF1の虜になったんですがやっぱりドイツにいるとシューマッハ兄弟って有名なんですか??でもドイツ車って世界中で有名ですよね。
また寄ります!
Posted by rooper at 2005年09月28日 13:14
コメントありがとうございます。
そうですねー F1好きな人ドイツには
たくさんいるし、またドイツのレース会場
では実際走ることも出来るんですよ。
昔のか今のか忘れたけど…

シューマッハ大好きな人も多いです。
日本のこてこて阪神ファンみたいな感じの人が
たくさんいる感じがします。もうみんな
赤くて… 
今年は残念な結果が続いていますが
みんなまたよくなってくれることを
願っています。
Posted by めぐめぐ at 2005年09月28日 14:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7413156

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。