2009年12月11日

ちょっとしたこと

今日のオバマ大統領のオスロの演説のところにあったお花は
ドイツ人25歳のフロリストによるものらしい。

世界中に見てもらえるの、素晴らしいことだ。
posted by めぐめぐ at 05:16| フランクフルト ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ドイツ一人暮らし日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドイツ留学うらやましいです。私は15年ほど前にザルツブルクに居ました。ドイツ語の勉強は8ヵ月ほど。後は山に登ったり今のカミサン(当時プラハでチェコ語の勉強)とヨーロッパのあちこちを旅行していました。もう50歳を過ぎてしまいましたので、今更留学でもないですが、14歳の息子がドイツで環境の勉強をしたいと言っています。
高校からドイツで勉強する方法はあるのでしょうか?
以前勤めていた会社の同僚は、娘さんを高校からドイツに放り出しました。
「そんなことができるんだ」と感心したのですが、可能なら息子にも同じような道を歩ませたいと考えています。
でもギムナジウムに入れるはずもないし、どうすればいいのでしょう?
情報お持ちでしたら、教えてください。
Posted by 内田 at 2009年12月17日 18:51
内田さま
コメントありがとうございます。HP遊びに行きました。とても素敵な写真ですね。信州またいつか行きたいです。
東京にはいくつか私立でドイツ語専攻が出来る高校があります。私が知っているのはICU高校と早稲田学院です。そういうドイツ語が選択できる高校が他にもいくつかあるはずです。
通信教育であれば、公文がドイツ語講座をしています。
http://www.kumon.ne.jp/german/index.html
昔めぐめぐはこれでフランス語をしていました。

ドイツ語であればゲーテの通信講座があります。
でもこれはある程度ドイツ語が出来たほうがいいかも。

またオンラインコースもいくつかあります。
もし興味があればまたコメントください。
息子さんの興味などで何かアドバイスできることがあるかもしれません。

Posted by めぐめぐ at 2009年12月19日 18:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135283658

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。